ルテインサプリメント

【コスパ良好】目にいいルテインビルベリーサプリメント《めなり》口コミ評判まとめ

さくらの森の人気ルテインビルベリーサプリめなりを30代スマホ老眼女子なめりが20ヵ月継続して飲み続けた本音の口コミレビュー、疲れ目改善効果まとめです。
初回77%割引で1日30円!いつでも解約可能なので気軽にお試しできます。

めなりルテインサプリを毎日飲んで疲れ目改善

ドライアイ疲れ目からブルーライト対策まで!目のサプリめなり

人気の目にいいサプリめなり

プロアントシアニジン、アサイーベリー、ルテインなどなど巷では眼病対策のサプリメントが多く流通していますが、一生付き合っていかなければならない眼なので目のサプリ選びは慎重にしたいものです。

その中で、めなりは効果万能の目にいいサプリとして自信をもっておすすめします。

目によい成分を効果実感できる適正な割合で配合。気になる副作用は?

眼精疲労予防効果があるアントシアニン配合の特許取得ビルベリーエキス170mg(ブルーベリーの実260個分)を始めとして、富士フィルムのアスタリフトなどのアンチエイジング化粧品にも利用されているアスタキサンチン,天然フリー体ルテイン,アントシアニン,ゼアキサンチン,クロセチンといった抗酸化作用のある成分を配合しています。

目によいビルベリー,ルテイン,アスタキサンチン,クロセチン

眼病予防・対策成分の働きをまとめてみました。気になる成分の副作用ですが開発前段階からGMP認定工場にて度重なる臨床試験を行い安全性はしっかり担保されています。

  • ルテイン12mgとゼアキサンチン2.4mg・・・細胞の酸化を防ぎ、加齢黄斑変性症(AMD)対策にも効果を発揮。
  • アスタキサンチン1mg・・・ビタミンEの1,000倍の還元力を持ち、目の光による酸化を防ぐ。
  • クロセチン0.68mg・・・ルテインとアスタキサンチンの効果効能をより向上させる。
  • βカロテン・・・夜間の視力の維持を助ける働きをもつ。
  • 6種類のビタミン群・・・ビタミンB1,B2,B6,B12,C,Eの6種類のビタミンを配合。
  • ミネラル,亜鉛,銅・・・アイケア成分の働きを最大限まで高める。
めなりはビルベリー170mg,ルテイン12mg,ゼアキサンチン2.4mg配合

めなりはビルベリー170mg,ルテイン12mg,ゼアキサンチン2.4mg配合

また、サプリメントを摂取する際に気になる女性も多いであろうビタミンAの割合は30%(1日2粒で231μg)です。夜間の視力を維持する効果効能がある成分ですが1日2粒の目安摂取量をきちんと守って継続利用されることをおすすめします。

めなりサプリは活性酸素消去作用による黄斑部の傷害抑制効果とブルーライトなどの光ダメージから瞳を守る働きを持つマリーゴールド由来のカロテノイド色素である天然ルテインluteinとゼアキサンチンzeaxanthinの配合量が多いのが特徴です。

ルテインを12mg、ゼアキサンチンを2.4mgと1日2粒で14.4mg摂取することができ、且つ最も効果効能があると臨床試験結果でも実証された目の黄斑部と同じ割合であるルテイン:ゼアキサンチン=5:1の黄金比率にて配合しています。

目の黄斑部と同じ黄金比率でルテインゼアキサンチンを配合

巷ではルテイン40mgなどとルテインの配合量を売りにしたサプリが多いですが、肝心の相方であるゼアキサンチンの配合をしていない、あるいは配合しているけど具体的な成分量は未記載といったサプリもあるのでぜひ目のサプリ選びの際に注目してみてください。

アメリカで行われた「AREDS2」という実験によると、ルテインとゼアキサンチンを1日10mg以上摂取することで欧米では失明の原因の1位に挙げられる加齢黄斑変性症(AMD)や眼圧を下げることに効果的という結果がでています。

加齢性黄斑変性症とはその名称の通り年齢を重ねるにつれてなるリスクが高い症状で網膜の中心部であり見るチカラをコントロールする黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えずらくなる、色を識別できなくなるという症状です。特に喫煙者ヘビースモーカーの方がなりやすいというデータもでています。

あまりルテイン配合量が多すぎても過剰摂取で効果なしになってしまいます。なので、めなりのルテイン配合量12mgは適正値であると言えます。

目のサングラスと呼ばれるルテインゼアキサンチン

めなりを継続飲用していますが、飲み忘れた日より飲んだ日の方が視界がよりクリアに感じて夕方以降の目のかすみ疲れが和らいだように感じます。眼病予防の目薬や目の洗浄液アイボンなどの目のケア用品との併用や、スマートフォンをナイトモード(夜間モード)にしたり、ブルーライトを遮るメガネ(PCメガネのJINS SCREENなど)を利用したりと疲れた目を最大限ケアするように心がけています。

ブルーライトをカットするメガネとめなりを併用

ブルーライトカットメガネとめなりを併用

また薬ではなく、栄養機能食品なので副作用も一切感じることはありませんでした。他社のルテインサプリで全く効果がなかったとお嘆きの方は、めなりを最低3ヶ月継続引用してみることからトライしてみてはいかがでしょうか。
大体の方は飲むことを習慣つけられておらず効果を実感する前にやめてしまうことが原因だったりします。

私の場合は1ヶ月半過ぎから徐々に目がほぐれて、まばたきの回数が減るなど効果効能を実感しはじめることができました。

光ダメージから目を守ってくれる「めなり」

機能性表示食品ルテイン,ビルベリーアントシアニンサプリと徹底比較。際立つ《目なり》の実力

消費者庁の機能性表示食品制度で、目の健康に関するサプリの認可件数は非常に多くなっています。

マツモトキヨシやサンドラック、ツルハなどのドラッグストアの老眼,眼病予防,偏頭痛対策サプリの売り場を見てみると、
洗顔液のアイボンなどと同じ棚に機能性表示食品の「ロートV5粒」「FANCLえんきん」など各社の目の健康を保つための機能性表示食品がずらっと並んでいます。

それだけ現代人の眼の悩みは深刻なのだと思います。

それらの機能性表示食品と成分比較をしてみても、さくらの森のめなりの成分配合量の多さ、続けやすい価格設定は際立っていました。
結局、機能性表示のお墨付きをもらうためにかけるコストが販売価格に上乗せされているので、どうしても成分配合量がめなりと比較しても少なくなってしまいます。。

イチ消費者からしたら、そんな機能性表示のお墨付きにコストをかけるよりも、適正な成分が配合されて効果を実感できるものを使いたい!と思いますよね。
実情はどうなのか、成分配合量や価格帯を数社の目のサプリと比較してみました。

費用対効果が高いさくらの森めなり

《比較1》めなり VS やわたの2種類の機能性表示食品(めばえ、北の国から届いたブルーベリー)

やわた社の場合は疲れ目乾き目対策のビルベリーを売りにした「北の国から届いたブルーベリー」とブルーライト対策のルテインを売りにした「めばえ」とお悩み別に2つの機能性表示食品のアイケアサプリを販売しています。実際やわたのカスタマーサポートの方に電話して確認したところ、両方飲むのが望ましいとおっしゃってました。

一方、めなりの場合はそれらの眼の悩みを解決する有効成分が1つにギュッと凝縮されていますのでお財布にも優しいです。やわたの2つのサプリを併用すると1日あたり115円、めなりは1日あたり99円で14%お得になっています。

やわためばえブルーベリーとめなりを比較

《比較2》 えがお(め・まもーる(届出番号B288)、くっきりアイ(届出番号B267))の機能性表示食品

えがお社の機能性表示食品である《えがおくっきりアイ(旧名:えがおのブルーベリー)》《えがおめ・まもーる(旧名:えがおのルテイン)》と比較してみても断然コストパフォーマンスが高くなっています。別々のサプリを1日4粒飲むより、めなりを1日2粒きっちり飲み続ける方が習慣化しやすいのではないでしょうか。

笑顔えがおルテインブルーベリーとめなり比較

《比較3》ルテイン、ビルベリー由来アントシアニンなどの眼病予防成分配合量比較

目なりはビルベリー由来アントシアニンを1日2粒で170mg摂取することができます。因みに《えがおのくっきりアイ》は1日2粒で40mgです。
ルテインに関しては、「手元のピント調節機能」を助ける、俳優の村田雄浩さんのCMでもお馴染みの目の機能性表示食品FANCL「えんきん」でも10mgですので、配合量比較ではめなりが12mgと優位にたっています。

FANCLは2017年に新たにビルベリー由来のアントシアニン配合量(1日2粒で57.6mg)を売りにした目のサプリ「スマホえんきん」を発売しましたが、えがお、やわたのサプリと同じ事情で、2種類飲むことが望ましいとカスタマーサポートの方がおっしゃってました。

めなりスマホえんきん比較

めなりのように1つでまとまったオールインワンタイプの方が、サプリ貧乏にもならず家計にも優しく時間も取られないので1消費者としては非常にありがたいのですが。。

ファンケルえんきんよりルテイン量が多いめなり

同様に機能性表示食品であるリフレのブルーベリー&ルテイン(ルテイン6mg配合)とルテイン配合量を比較しても2倍配合しています。

リフレブルーベリールテインの2倍ルテインを配合しためなり

1日2粒でこれだけのアイケア成分を摂取できるサプリはいろんなルテイン・ビルベリーサプリを試してきましたが、ありませんでした。

ハードタイプのカプセルでニオイも全くないので非常に飲みやすいサプリです。ゲップでにおいが上がってくることもありません。
めなりを飲むオススメのタイミングは、1日のはじまりである朝食後などに飲むとより効果を実感できて、仕事、家事、趣味とより精力的に毎日を過ごせるのではないかと思います。

めなりは飲みやすい目のサプリ

5円玉とめなりの大きさ比較をしてみました。小さいお子さんや高齢者の方でも喉につっかえることない飲みやすいサイズになっています。

5円玉とさくらの森めなりの大きさ比較

安くて目によいスマホ老眼サプリ、めなりの効果的な使い方とは?

さくらフォレスト社(さくらの森)の今長谷さんにめなりの商品開発秘話について直接お会いして取材させていただきました。
めなりは、目に良い成分を適正な配合量と最高水準の品質管理のもと低価格にて提供することを第1目的に考えており、広告宣伝費には極力コストをかけずそのぶん商品力向上に注力しているとのことです。

さくらの森は品質第一主義

さくらの森は品質第一主義

「目のピント調節」などの効果効能をテレビCMでうたっている某サプリメントなどは広告費分が販売価格にばっちり上乗せされています。

さくらの森さんはそういった広告宣伝費を徹底的に削減して私たち消費者により安い価格で高品質のものを提供したい!と成分配合量にもこだわっています。

TVショッピングでよく見かける目のサプリメントの成分配合量や生産過程、顧客サポート体制をよくチェックしてみてください。
ダントツでめなりの商品力の高さがわかると思います。

目とは一生涯付き合っていかなければならない相棒ですので、目のサプリ選びも値段だけ、テレビCMでよく見るからと簡単に決めてしまうと後々痛い目に遭うかもしれません。

その他、めなりの効果的な使い方についてさくらの森のキャラクターさくらもちくんに聞いてみました。

スマホ老眼女子なめり
めなりはどのような飲み方が一番効果を実感できますか?

さくらもちくん
1日2粒を目安に、朝食後や昼食後の好きなタイミングで飲むのをおすすめしています。
決まった時間帯はないのでご自身で継続しやすいタイミングを決めるとよいかと思います。

スマホ老眼女子なめり
早く効果を実感したいので、粒の数を増やして飲んでも大丈夫ですか?
さくらもちくん
その日の体調に合わせて1日6粒飲んでいらっしゃる方もいます。
パソコンやスマホなど長時間目を使うことが多い方は朝夕3粒づつ飲むようにおすすめしています。
ただそれ以上の飲みすぎは気をつけてくださいね。
スマホ老眼女子なめり
お子さんの視力維持のために飲ませている方もいらっしゃるのですか?
さくらもちくん
1日1粒など制限してお子さんに飲ませているお客様もいらっしゃいます。
ルテインやアントシアニンの成分は視力維持のためにも年代を問わず摂取していただきたい成分ですが、1日2粒の成分量を必ず守って飲むようにお願いしています。
スマホ老眼女子なめり
薬や他のサプリメントと合わせて飲んでも大丈夫ですか?
さくらもちくん
サプリメントは健康機能食品ですので基本的に副作用といった問題はありませんが、薬との併用が心配な方はかかりつけの主治医にご相談の上飲むようにしてください。
スマホ老眼女子なめり
めなりサプリは冷蔵庫のような低温での保管をしたほうが良いでしょうか?
さくらもちくん
冷蔵庫や高温多湿なところでの保管は避けて、日の当たらない涼しい常温での保管をお願いします。
スマホ老眼女子なめり
定期便の中止や解約はすぐできますか?
さくらもちくん
さくらの森の定期コースは継続義務なし、解約しても違約金なしの定期縛りの一切ないコースになっています。
ただめなりの場合は最低3ヵ月以上飲み続けた方から効果を実感できたという声をよくいただきますので、数ヵ月でも続けていただくほうがよいのかなと思います。
スマホ老眼女子なめり
継続は力なりですね。ありがとうございました!
2016,2017連続モンドセレクション最高金賞めなり

2016,2017連続モンドセレクション最高金賞めなり

スマホPC中毒の30代40代の方に特におすすめ

《スマホ老眼》という現代語もある位、老若男女問わずパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器が日常生活から手放せない時代になってきました。
さくらの森カスタマーサポートでも目が疲れやすい、視力が悪くなってきた、目が乾きやすい、視界がかすむ、まぶたがたるんで見た目が老けてきたといった目に関する悩み相談を受けることが多いそうです。

めなりはそんな眼病予備軍の方々にぜひ摂っていただきたいアイケアサプリメントです。

  • スマホやタブレットPCの見過ぎでスマホ老眼を自覚している
  • 1日3時間以上テレビやYoutube動画を見ている
  • 視力が悪くなってきたと自覚している
  • 目がいつもしょぼしょぼして視界がかすんでしまう
  • 目が乾きやすく、疲れやすい
  • 目が乾きやすくドライアイかなと自覚している
  • 車の運転などをよくされる
  • 飛蚊症や白内障、緑内障、光視症、加齢黄斑変性などの眼病にお悩みの
  • 眼内レンズ(人工レンズ)を入れなければならないほど症状が悪化している
  • 眼圧を下げたい
  • 目が充血してウサギの目のようになっている
  • 眼精疲労が悪化して偏頭痛や吐き気をもよおしている
  • 目の下のクマがひどく悩んでいる
  • 翼状片(よくじょうへん)による乱視に悩まされている
  • 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)により自分の意志に関係なくまぶたがピクピクしてしまう
  • 眼瞼下垂(がんけんかすい)により、まぶたが下がってしまい目元がたるんで見えてしまう

見る力をサポートするルテインとゼアキサンチンは目の中の水晶体や黄斑部などにもともと存在している成分ではありますが、30代後半を境に体内で作り出すことが難しくなっていき絶対量が減少していきます。それらの成分が減少すると目の細胞の酸化に拍車がかかり老眼や黄斑変性症や白内障をはじめとする眼病につながってしまいます。

だからこそ、めなりは30代以上の方に手遅れになる前にぜひ1度お試しいただきたいアイケアサプリなのです。
実際、めなりを使ってみた方からの口コミ評判まとめです。

  • 今では近くがぼやけていたのもスッキリ!朝の新聞も快調に読むことができます。
  • めなりのおかげで視界がクリアになって、目の下のクマも取れました。
  • 目の乾き、ドライアイが楽になり充血が取れました!
  • ルテインの効果か、飛蚊症が和らいだ気がします。
  • 健康診断で視力がなぜか0.5上がっていました。
  • 趣味の手芸で針に糸を通すのがおっくうじゃなくなりました。
  • 俳句や詩、エッセーを書くのが楽しくなりました。

視界がクリアになる「めなり」

【めなり最安値】さくらの森公式通販がAmazonや楽天より安い!《2017年9月版》

スマホ老眼対策のルテインサプリメントめなりは、アマゾンAmazon,楽天市場(いずれも代理店経由),さくらの森公式通販サイト、Yahoo!ショッピングの4チャネルにて販売しています。
ココカラファインやマツモトキヨシ、ツルハドラッグ、サンドラッグなどの薬局・ドラッグストアの実店舗販売はしていません。
以下に各サイトの販売価格一覧をまとめてみました。一番安いのはさくらの森公式通販サイトで、次にAmazonとなっていますがダントツでさくらの森通販サイトが安いことがおわかりになると思います。楽天ポイントやTポイント,Amazonポイントが余っているから利用したいという方以外はさくらフォレスト公式通販サイト経由が最もお得です。

モンドセレクション最高金賞を受賞した高品質のルテインビルベリーサプリを継続するほどでもないけど1度お試しだけでもしてみたいという方は、すぐにメールや電話1本で解約ができる公式通販サイトの利用をおすすめします。

めなり最安値比較価格
(税別,送料無料)
1日あたりのコスパ
さくらの森公式通販907円
(77%割)
30円
(初回限定)
Amazonプライム
(代理店)
2,944円
(単品購入)
98円
楽天市場
(代理店)
4,190円
(単品購入)
140円
Yahoo!ショッピング
(代理店)
2,917円
(単品購入)
97円

めなりはお試ししやすく効果あり!おすすめな3つの理由

数多くある目に良いサプリの中でも、めなりのお試しのしやすさはダントツでした。

  1. 1日あたり30円で1ヶ月間たっぷりお試しができて、2ヶ月目以降もずっと25%割引が適用(1日あたり99円)
  2. 試してみて合わないとお感じになったら購入後15日以内であれば返金対応可能
  3. 最低継続利用期間の縛りもないのでノーリスク

3拍子揃った他社にはないきめ細やかな気配り心配りの行き届いた消費者目線のサプリといえます。それだけルテインサプリめなりの品質に自信を持っているからこそできるサービスだと思います。

「高品質なのに低価格」を売りにしたアイケアサプリはめなり以外ないです。
ぜひ初回限定の割引キャンペーンを利用してみてはいかがでしょうか。

【相乗効果】目の老化防止にきなりDHAEPADPAサプリの併用がおすすめ

緑内障や白内障、黄斑変性症といった眼病や、PCやスマートフォンの見過ぎによるスマホ老眼による肩や首筋の凝り、偏頭痛など体の変調のほとんどは血流が悪いことが原因によって引き起こされます。何も対策を講じなければ目の老化に拍車がかかってしまいます。
血流を改善するためには必須脂肪酸であるオメガ3(DHA,EPA,亜麻仁油や荏胡麻油,チアシードなどのαリノレン酸など)を摂取することが効果的であると言われています。厚生労働省が掲げるオメガ3の1日あたりの食事における推奨摂取量は1,000mg(1g)といわれており、全世代平均で4割ほど摂取量が不足しているのが現状です。
FANCLえんきんサプリにもDHA(ドコサヘキサエン酸)の成分が配合されていますが、目安摂取量である1日2粒で50mgしか摂取できないので目標値の3割以上をカバーできていません。

一方、オメガ3サプリのきなりは目安摂取量である1日4粒で510mg(DHA451mg,EPA49mg.DPA10mg)とえんきんの10倍配合されており、食事だけで補えない分をきちんとカバーすることができます。
またビタミンEの1,000倍もの抗酸化作用があるアスタキサンチンを含むクリルオイルやナットウキナーゼといった成分が効果的に作用します。
眼病予防だけに留まらず、中性脂肪値を下げたり、悪玉コレステロールを減らすなどの効果があり、個人的には代謝が上がって体のめぐりの良さを実感することができました。

めなりときなりの併用がおすすめ

めなりときなりの併用がおすすめ

ルテインサプリめなりで老眼対策

ルテインサプリめなりで老眼対策

関連記事

  1. 【おすすめビルベリーサプリ比較】さくらの森めなりとFANCLファンケル…

  2. ルテイン40mg配合ドクターズチョイスルテインは効果なし?気になる副作…

  3. 井藤漢方製薬ブルーベリールテインプラスは効果なし?副作用は大丈夫?

  4. ルテイン20mgやわためばえは効果なし?気になる副作用は大丈夫?

  5. 【眼精疲労目のサプリ】機能性表示食品リフレ『ブルーベリー&ルテイン』の…

  6. 医食同源ドットコムルテインビルベリーは効果なし?副作用は大丈夫?

PAGE TOP